ツイート Share on Tumblr
  編集 最終更新のRSS

Top > SmartQ5 > InstMer
Table of Contents

はじめに

ここで行う手順は、SmartQ5/InstUbuntuSmartQ5/RePartitionSd における作業を前提としています。 いきなりMerだけをインストールする場合は、そちらも参照しながら適宜手順を工夫してください。

また、ここに記した手順は、

http://wiki.maemo.org/Mer/Documentation/Installation#SmartQ

をベースとし、実際の経験に基づいて整理しまとめたものです。適宜原文も参照してください。

ダウンロード

ルートファイルシステム
http://wiki.maemo.org/Mer/Releases/0.16 にある 「rootfs for SmartQ5」。
直リンク: http://stskeeps.subnetmask.net/mer/0.16/mer-armel-smartq5-rootfs-v0.16.tar.gz
アイコン及び背景
http://voodooman-smartq5.blogspot.com/2009/08/sd-boot.html の下の方にあるリンク。
直リンク: http://www.mediafire.com/?qzywznq2h3t
Marvell WiFiドライバ
Marvell社のサイトで、「Fedora 2.6」を選択してSearchをクリックし、提示されるリストの中から「SD-8686」で始まるファイルをダウンロード。
ファイル名はたぶん SD-8686-LINUX26-SYSKT-9.70.3.p24-26409.P45-GPL.zip である。
WiFi WPA2 fix
http://wiki.maemo.org/Mer/Documentation/Installation#SmartQ に書いてあるもの。
直リンク: http://www.daimi.au.dk/~cvm/kernel-smartq5-modules_2.6.24.7-smartq5-050509_all.deb

ブートセレクタ用ファイルの準備

この作業は書き込み先がFAT32パーティションなのでWindowsからやるのがよいだろう。 FAT32パーティションはカードリーダにSDカードを挿入すると適当なドライブに自動的にマウントされる。

  1. ルートファイルシステムのアーカイブからカーネルイメージファイル

    ./boot/zImage-smartq-200941

    を抜き出し。SDカードの先頭にあるFAT32パーティションの/bootフォルダにコピー
  2. 同ファイルの名前をziMer0.16と変更(長さ14文字まで)。
  3. 同じbootフォルダに、アイコンファイル mer.bmp4 をコピー。
  4. 同じbootフォルダのテキストファイル menu.lst に次の各行を追加(ファイルがなければ作成)。

    title mer-0.16
    kernel /boot/ziMer0.16
    param root=/dev/mmcblk1p6 rootwait
    logo /boot/mer.bmp4

WiFiドライバの準備

  1. SDカードのFATパーティションのルートにWiFiドライバのアーカイブ

    SD-8686-LINUX26-SYSKT-9.70.3.p24-26409.P45-GPL.zip

    をコピー。
  2. それとは別に、適当な作業フォルダで同じzipファイルから次のtarファイルを展開

    unzip SD-8686-LINUX26-SYSKT-9.70.3.p24-26409.P45-GPL.zip SD-8686-FEDORA26FC6-SYSKT-GPL-9.70.3.p24-26409.P45.tar

    (ファイル名は unzip -l で予め確認すること)
  3. このtarファイルからディレクトリFwImageを展開。

    tar --wildcards -xf SD-8686-FEDORA26FC6-SYSKT-GPL-9.70.3.p24-26409.P45.tar FwImage/\*

  4. FwImage下の2つのファイルを改名しつつSDカードのFATパーティションのルートへコピー

    cp FwImage/helper_sd.bin /path_to_SD_CARD/sd8686_helper.bin cp FwImage/sd8686.bin /path_to_SD_CARD/sd8686.bin

ルートフォルダの展開

この作業は書き込み先がext3パーティションなのでLinuxから行なうのが良いだろう。

  1. /dev/sda6をマウント

    mount -t ext3 /dev/sda6 /mnt/dsk

  2. ルートファイルシステムのアーカイブをマウントした/dev/sda6に展開

    cd /mnt/dsk
    tar -zxf mer-armel-smartq5-rootfs-v0.16.tar.gz

  3. SDカードをアンマウント

    umount /dev/sda6

ファーストブート

  1. SDカードをSmartQ5に挿入してリブート。

(続く)

(2010-08-11)

Tag: SmartQ 5 Mer Maemo Linux install




 

4G 6909HFJ 7 Pro Amazon Android Apple Apple ID Basic認証 C6833 CID Crespo Docomo Dream Droid 3 Droid 4 Droid Bionic Elini Eng hboot Engineering hboot Evo 3D Exynos Flashtool G Flex G1 Galaxy Galaxy Nexus Galaxy Note Galaxy Note 3 Galaxy S Galaxy S II Wimax Galaxy S2 Galaxy S3 Galaxy S4 Galaxy Tab GingerBread Gold Google HT03A HTC HTC J HTC J Butterfly HTC J butterfly HTC J one HTL21 HTL22 HTL23 Herring ICS ISW11M ISW11SC ISW12HT ISW13HT IceCreamSandwich IdeaPad J Butterfly JerryBean JerryBeans Jolla KB2387149 KB2813347 KB947821 KDDI Kindle Fire KitKat LG LGE LGL23 LTE Lenovo Lollipop MID MZ604 Magic Maguro Mahimahi Mango Microsoft ModelID MotoFail Motorola N1 Nexus One Nexus S Nodo Nokia OTA Optimus Chat PHP Passion Photon PukiWiki ROM RSD RUU Razr Razr Maxx SC01C SC03E SC05D SCL22 SIMロック解除 SO01F SO02F SO03C SOFF SOL23 Sailfish Samsung Sapphire Shooter_K Soju Sony Sony Mobile SonyEricsson Sunfire SuperCID Superuser.apk System Updates TMobile TWRP Tango Trout Tuna U150 Verizon WP7.0 WP7.8 Windows Windows Phone 7 Windows Server 2008 R2 Windows Update XT862 XT894 Xperia Xperia Z Ultra Xperia Z1 Xperia Z1f Xperia ray Yakju about adb au blaze bootloader fastboot forzando ftf iOS iTunes iTunes Store installrecovery.sh logwrapper m7_wlj nandroid odin qwerty recovery recovery.bin rooting xoom xrea アップデート エラー キーアサイン グレーアウト スクリーンショット フラッシュ ブート ブートローダアンロック プロフィール リカバリ 不具合 内部ストレージ 分解 見えない