ツイート Share on Tumblr
  編集 最終更新のRSS

Top > ZakkiCho > Htl21Rooting
Table of Contents

参照ページ

  1. HTC J butterfly : root化について (HTC速報Dev)
  2. HTC J butterfly : アンロック可能化についてまで (HTC速報Dev)
  3. 【HTC J Butterfly】 #HTL21 用のTWRPを作成してみました。 | treffen @ memo
  4. au HTL22 HTC J One / HTX21 INFOBAR A02 / HTL21 HTC J butterflyのClockworkMod Recoveryを公開しました | HTC速報
  5. 新S-OFF方法「FacePalm」をやってみた。S-OFFせずにSuperCIDに出来る機種は全て対応 (HTC速報Dev)
  6. Root Life J Butterfly用のEng hbootが公開されていた。
  7. HTCのAndroid機共通のHBOOTからの操作について (HTC速報Dev) | HTC速報
  8. [HBOOT] HBOOT-8064 Groups Engneering HBOOT - xda-developers

ダウンロード

  1. - HTC サポートセンター (Windows用USBドライバ)
  2. HTC_J_butterfly_rootkit_v1.1 (SuperCID化用)
  3. リカバリ。以下のいずれかを選択。ここではCWMを使用。
    1. TWRP based 2.5.0.0
    2. recoverycwm.img | by Fnoji - HTCsoku for Generic Device
    3. 今ではオフィシャルなCWMリカバリも出ている: http://www.clockworkmod.com/rommanager
  4. soffbin3(FacePalm)(FacePalmによるS-OFFのツール)
  5. PL99IMG_DLX_WLJ_JB_45_KDDI_JP_1.15.970.1_R_Radio_1.00.10.1127_3_NV_2.28_01C_release_signed.zip | by Fnoji - HTCsoku for Generic Device(.zip形式のRUU。S-OFFに使う)
  6. HBOOT-8064_DELUXE_J_ENG_1.39.2000.nb0 | by Fnoji - HTCsoku for Generic Device (Engineering hboot)

試行した環境

  1. HTC J butterfly HTL21(以下、端末と呼ぶ)で、設定 > バージョン情報 > ソフトウェア情報 > ソフトウェアの番号 が1.15.970.1であること。
  2. 母艦PCとしてWindows PC

手順概要

手順はタイトルのとおり、 SuperCID化 > ブートローダアンロック > rooting > S-OFF の順序でおこないます。 最後におまけとしてEngineering hbootの導入も。

準備

  1. 母艦PCにUSBドライバをインストールする(2013年6月9日現在、 USBドライバのみのパッケージとHTC Sync同梱のドライバとが配布されているが、 USBドライバのみのパッケージでは、USB接続モードがHTC Syncモードの時に adbのドライバがインストールされなかったので、HTC Syncのインストールを推奨)。
  2. 端末の設定 > 電源 > 高速起動 をオフにする。
  3. 端末でUSBデバッグをオンにする。
  4. 端末を母艦PCにUSB接続する。

SuperCID化

runme.batがこのステップで行なっていることは、一時rootの取得だけです。 また、Spoof-CID.batが行なっているのは、 CIDの書いてあるパーティションをddで読んで、 それからバイナリエディタでCID部分に書き込みをし、 最後に書き換え後の内容をddで元のパーティションに書き戻すことだけです。

  1. 母艦PC上で、HTC_J_butterfly_rootkitのrunme.batを起動する。
  2. ウィンドウが開いて説明が表示されるのでよく読む。
  3. 何かのキーを押して続行する。
  4. 「同梱の 『Spoof-CID.bat』 を起動して下さい。」と表示されるので、 HTC_J_butterfly_rootkitのSpoof-CID.batを起動する。
  5. ウィンドウが開いて説明が表示されるので読む。
  6. 何かのキーを押して続行する。
  7. 確認要求が出るので確認する。
  8. 何かのキーを押して続行する。
  9. 端末がbootloaderモードになるのを待つ。
  10. 何かのキーを押して続行する。
  11. < waiting for device >と表示されるのでかなり(数十秒)待つ。
  12. 画面に表示されたcidが11111111であることを確認する。

ブートローダアンロック

htcDev.comからアンロックコードを取得

  1. ブラウザでhtcDev.comを開く。
  2. 画面右上のLoginをクリックしてログインする (いままでにログインしたことがなければ登録)。
  3. 画面右のアイコンからUnlock Bootloaderをクリックする。
  4. Get Startedをクリックする。
  5. 画面右のプルダウン ------- Select Your Device ------- で All Other Supported Modelsを選ぶ。
  6. Begin Unlock Bootloaderをクリックする。
  7. 先に進むか確認を求められるのでYesをクリックする。
  8. Legal Termsが表示されるのでチェックボックス2つにチェックして Proceed to Unlock Instructionsをクリックする。
  9. 画面に出るStep 1~4は無視してProceed to Step 5をクリックする。
  10. 同様にStep 5~7は無視してProceed to Step 8をクリックする。
  11. Step 8は無視する。
  12. SuperCID.batのウィンドウを使ってStep 9をおこなう(tokenとコピーする)。
  13. Step 10のMy Device Identifier Token欄にtokenをペーストする。
  14. Submitをクリックする。
  15. MID not allowedと表示されてだめ。
  16. Spoof-CID.batは一旦終了する(Ctrl-Cをつかう)。

(2013-06-08)

SuperCIDを11111111から22222222にする

  1. 参照ページの2の○にあるようなHTCの対策に引っかかったのだ と仮定して、SuperCIDを11111111ではなく22222222にしてやってみることにする。
  2. HTC_J_butterfly_rootkitのSpoof-CID.batをコピーして別ファイルを作る。
  3. これをSpoof-CID.11111111to22222222.batとかいう名前にして、次の箇所を改変する。
    1. 行の置き換え1。次の行
      @set KDDI_CID=[KDDI_801]
      を、次のように置き換える。
      @set KDDI_CID=[11111111]
    2. 行の置き換え2。次の行
      @set SUPER_CID=[11111111]
      を、次のように置き換える。
      @set SUPER_CID=[22222222]
    3. 行の置き換え3。次の行
      hexalter mmcblk0p5MOD 0x014=0x31,0x31,0x31,0x31,0x31,0x31,0x31,0x31>NUL 2>&1
      を、次のように置き換える。
      hexalter mmcblk0p5MOD 0x014=0x32,0x32,0x32,0x32,0x32,0x32,0x32,0x32>NUL 2>&1
    4. 改変したファイルを保存する。
  4. Spoof-CID.*.batは一時rootを必要とするので、まだ恒久rootを取っていなくて、かつ前にrunme.batを実行した後に再起動をかけていたなら、まずrunme.batを走らせて一時rootを取る。そしてSpoof-CID.batを実行するよう指示されたら次へ。
  5. 改変したバッチSpoof-CID.11111111to22222222.batを実行する。
  6. 前と同様にhtcDev.comにtokenをペーストするところまでおこなう。
  7. うまくいくと、htcDev.comのログインIDの登録の際に一緒に登録した メールアドレスにhtcDevからUnlock_code.binが添付されたメールが届く。

ブートローダアンロックの操作

  1. 届いたメール上のリンク Click here to continue ... をクリックする。
  2. HTC_J_butterfly_rootkitを置いたフォルダ(runme.batのあるフォルダ)に、 添付ファイルUnlock_code.binを置く。
  3. Spoof-CID.11111111to22222222.batの画面で何かのキーを押す。
  4. 端末に、アンロックするかどうかの確認画面が出るので、 端末のvolup/voldownキーを使ってYESを選択したら、電源ボタンを押して決定する。
  5. 端末が再起動するので、何かのキーを2度押してSpoof-CID.11111111to22222222.batを 終了する。

アンロックの後始末

  1. 端末の設定 > 電源 > 高速起動をオフにする。
  2. 端末でUSBデバッグをオンにする。

バックアップ

  1. あとの操作は手動でやりたいので、runme.batの画面でCtrl-Cを押して終了する。
  2. 端末をfastbootモードにして母艦PCに接続する。
  3. 次のコマンドを実行してCWMリカバリを起動する(お好みでTWRPでも)。
    fastboot boot リカバリのファイル名.img
  4. CWMのメニューからbackup and restore > backup to external sdcard を選んで バックアップをする。これでストックなROMのイメージがいちおう取れたことになる。
  5. CWMのメニューからreboot system nowを選ぶ。

rooting

  1. 端末の電源を切ってfastbootモードにする。
  2. 母艦PCから次のコマンドを実行してTWRPリカバリをリカバリ領域に書き込む (お好みでCWMでも)。
    fastboot flash recovery twrp250-dlxj.img
  3. 端末のfastbootモードメニューからREBOOT BOOTLOADERをする。
  4. 端末のfastbootモードメニューからBOOTLOADERを選ぶ。
  5. 端末のhbootモードメニューからRECOVERYを選ぶ。
  6. TWRPのメニューからInstallを選ぶ。
  7. Superuserの.zipファイルを選ぶ。
  8. 画面下部のレバーをスワイプして実行する。
  9. メニューからReboot Systemを選んで再起動する。
  10. adb shellで端末に入ってsuしてみる。#プロンプトが出ればおk。

FacePalmによるS-OFF

  1. 端末をfastbootモードで起動。
  2. 次のコマンドを実行。
    fastboot oem rebootRUU
  3. 端末の画面が真っ暗になってからhtcロゴが出たら次のコマンドを実行。
    fastboot flash zip (RUUイメージの名前).zip
  4. ここでなにも進行状況がみえないままかなり(数分~十数分)待たされるがじっと待つ。
  5. 母艦PCに次のエラーが出て、端末の画面が一旦消え再びhtcロゴが出る。
    FAILED (remote: 92 supercid! please flush image again immediately)
  6. そうしたら次のコマンドを実行する。
    fastboot oem boot
  7. 母艦PCに長々とメッセージが出るが端末は普通に起動するので、 次のコマンドでsoffbin3(FacePalm)を実行。
    adb push soffbin3 /data/local/tmp/
    adb shell chmod 744 /data/local/tmp/soffbin3
    adb shell su -c "/data/local/tmp/soffbin3"
  8. 参照ページにあるような、Superuserの確認ダイアログは出なかった。
  9. 端末をfastbootモードで再起動。
    adb reboot bootloader
  10. 画面上部の表示がS-OFFとなっていることを確認。

(2013-06-09)

systemのrwマウント可能化

HTL21はS-OFFしてもなぜか/systemを書き込み可能でマウントできない。これはmountコマンドがtoolboxへのシンボリックリンクになっており、toolbox内蔵のmountが/systemをrwマウントすることができないからである。そこで、このシンボリックリンクを消してbusyboxをインストールすればよい。私は次のようにした。

  1. 上で使ったいずれかのツールが残したtoolboxをmountコマンドとして使えるようにする。
    adb shell ln -s /data/local/toolbox /data/local/mount
  2. それを使って/systemをrwマウント
    adb shell /data/local/mount -remount,rw /dev/block/mmcblk0p32 /system
  3. Play StoreからBusyboxインストーラアプリ(stericson推奨)をインストールして実行し、 busyboxを/system/xbinにインストール。

(2013-08-18)

おまけ:Engineering Hbootの導入

  • 参照ページの6にあるとおり、hbootが正しく書き込まれないと、fastbootモードもリカバリも起動できなくなる(即ち真の文鎮化)ので、ケアレスミスのないよう注意深く。
  • ship hbootが入っている状態では、参照ページの6の手順で hbootパーティションを書き換えることはできないようだ。 次のようにhbootだけのRUUを自作して焼いたらできた。
  1. android-info.txt(自作RUUのマニフェストみたいなもの)を次の内容でつくる。
    modelid: PL9910000
    cidnum: KDDI_801
    mainver: 1.15.970.1
    hbootpreupdate:12
    DelCache:1
  2. これとhbootのイメージで.zipファイルをつくる。
    zip hboot.zip android-info.txt HBOOT-8064_DELUXE_J_ENG_1.39.2000.nb0
  3. 端末を母艦PCにUSB接続する。
  4. 端末をfastbootモードで起動する
    adb reboot bootloader
  5. RUUモードを起動する。
    fastboot oem rebootRUU
  6. 黒背景にHTCロゴが出るまで待つ。
  7. 上でつくった.zipファイルを書き込む。
    fastboot flash zip hboot.zip
  8. 端末の画面にプログレスバーが出て途中で止まるが、 母艦側ではコマンドはリターンしてプロンプトが出る。
  9. fastbootモードへリブート。
    fastboot reboot-bootloader
  10. 画面最上行が DELUXE_J PVT ENG S-OFF となっていることを確認。

おまけ2:ModelIDの書き換え

ModelID書き換えの効用については 参照ページの2のサブツリーを御覧ください

  1. ModelIDの書き換えをするにはEngineering HBootが必要ですので 先にそれをやっておいて下さい。
  2. 端末をfastbootモードにする。
  3. ModelIDの書き換え
    fastboot oem writemid PL9910***
  4. fastbootモードへリブート。
    fastboot reboot-bootloader
  5. fastbootモード画面のhbootのバージョンが HBOOT-1.39.2000 (PL9910***) となっていることを確認。

(2013-06-14)

1.29.970.1へのOTA

  1. rootedな状態でOTAをするには、リカバリを標準のものに戻す必要がある。 バックアップの項で取ったNANDバックアップにrecovery.imgが含まれているはずなので OTAに先立ってこれを書き戻す。端末をfastbootモードにして母艦PCで次のコマンドを実行。
    fastboot flash recovery recovery.img
  2. 次にOTAを適用。端末で 設定 > バージョン情報 > ソフトウェア アップデート > 今すぐチェック を選ぶ。
  3. ダイアログが出るので 今すぐインストール にチェックしOK。これでOTA適用が始まる。
  4. OTAによって次の影響がある。
    • suバイナリが消される(Superuser.apkは残っている)。
    • Engineering hbootが通常の(Ship)hbootで上書きされる。
    • ブートローダアンロック、CIDの変更(SuperCID)、S-OFF、およびModelIDの変更は 維持される。
  5. リカバリをCWM(またはお好みでTWRP)にする。fastbootモードで、
    fastboot flash recovery リカバリイメージファイル名.img
  6. suバイナリを元に戻す。リカバリからSuperSU(又はお好みで他のsuperuserアプリ)の zipを適用すればよいだろう。
  7. 一旦リブートしてrootが取れていることを確認したほうがよいかもしれない。
  8. Engineering hbootを書き込む。手順は最初にやった時と同じ。

(2013-08-18)

Tag: Google Android HTC au KDDI HTL21 HTC J Butterfly CID SuperCID ブートローダアンロック rooting S-OFF Eng hboot Engineering hboot ModelID MID




 

4G 6909HFJ 7 Pro Amazon Android Apple Apple ID Basic認証 C6833 CID Crespo Docomo Dream Droid 3 Droid 4 Droid Bionic Elini Eng hboot Engineering hboot Evo 3D Exynos Flashtool G Flex G1 Galaxy Galaxy Nexus Galaxy Note Galaxy Note 3 Galaxy S Galaxy S II Wimax Galaxy S2 Galaxy S3 Galaxy S4 Galaxy Tab GingerBread Gold Google HT03A HTC HTC J HTC J Butterfly HTC J butterfly HTC J one HTL21 HTL22 HTL23 Herring ICS ISW11M ISW11SC ISW12HT ISW13HT IceCreamSandwich IdeaPad J Butterfly JerryBean JerryBeans Jolla KB2387149 KB2813347 KB947821 KDDI Kindle Fire KitKat LG LGE LGL23 LTE Lenovo Lollipop MID MZ604 Magic Maguro Mahimahi Mango Microsoft ModelID MotoFail Motorola N1 Nexus One Nexus S Nodo Nokia OTA Optimus Chat PHP Passion Photon PukiWiki ROM RSD RUU Razr Razr Maxx SC01C SC03E SC05D SCL22 SIMロック解除 SO01F SO02F SO03C SOFF SOL23 Sailfish Samsung Sapphire Shooter_K Soju Sony Sony Mobile SonyEricsson Sunfire SuperCID Superuser.apk System Updates TMobile TWRP Tango Trout Tuna U150 Verizon WP7.0 WP7.8 Windows Windows Phone 7 Windows Server 2008 R2 Windows Update XT862 XT894 Xperia Xperia Z Ultra Xperia Z1 Xperia Z1f Xperia ray Yakju about adb au blaze bootloader fastboot forzando ftf iOS iTunes iTunes Store installrecovery.sh logwrapper m7_wlj nandroid odin qwerty recovery recovery.bin rooting xoom xrea アップデート エラー キーアサイン グレーアウト スクリーンショット フラッシュ ブート ブートローダアンロック プロフィール リカバリ 不具合 内部ストレージ 分解 見えない