Top > ZakkiCho > RailsInXrea

(このページはまだ未完です) :-)

参照ページ

  1. XREA で ruby on rails のアプリを公開する - やる気のないはてだ
  2. xreaサーバへRailsをインストール - critbitの日記

動作環境など

  • インストールするもの
    • Rails 3.2
    • rubygems-1.3.5 (ruby-1.8.5に対応している最後のバージョン)
  • xrea側の環境(s23サーバ: 2013-08-06現在)
    • ruby-1.8.5

gemsのダウンロード

  • ローカル環境でgemコマンドを使って望みのバージョンのRailsのgemとそれが依存するgemsをインストールする。
  • ダウンロードするときに、ログを記録するようにしておき、インストール順序が記録に残るようにしておく。

今回ダウンロードされたgemsは次のとおり

  1. i18n-0.6.4
  2. multi_json-1.7.7
  3. activesupport-3.2.0
  4. builder-3.0.4
  5. activemodel-3.2.0
  6. rack-1.4.5
  7. rack-cache-1.2
  8. rack-test-0.6.2
  9. journey-1.0.4
  10. hike-1.2.3
  11. tilt-1.4.1
  12. sprockets-2.1.3
  13. erubis-2.7.0
  14. actionpack-3.2.0
  15. arel-3.0.2
  16. tzinfo-0.3.37
  17. activerecord-3.2.0
  18. activeresource-3.2.0
  19. mime-types-1.23
  20. polyglot-0.3.3
  21. treetop-1.4.14
  22. mail-2.4.4
  23. actionmailer-3.2.0
  24. rake-10.1.0
  25. thor-0.14.6
  26. rack-ssl-1.3.3
  1. bundler-1.3.5
  2. json-1.8.0
  3. rails-3.2.0
  4. railties-3.2.0

gemsをインストールするときは上記の順序でインストールする。

その他のダウンロード

インストール手順

  1. xreaのサーバにsshでログインする。
  2. シェルの環境変数を設定するために.bashrcの編集を開始。
    vi .bashrc
  3. .bashrcに次の行を追加して保存する。
    PREFIX=$HOME
    export PATH=$PREFIX/bin:$PREFIX/lib/ruby/gems/1.8/bin:$PATH
    export GEM_HOME=$PREFIX/lib/ruby/gems/1.8
    export RUBYLIB=$PREFIX/lib/ruby:$PREFIX/lib/site_ruby/1.8:$PREFIX/lib
  4. 環境変数を反映。
    source .bashrc
  5. フォルダを作る。
    mkdir ~/bin
    mkdir ~/lib
    mkdir ~/lib/ruby
    mkdir ~/lib/site_ruby
  6. 作業フォルダに移動。
    cd ~/tmp
  7. rubygemsを展開してインストールスクリプトを実行。
    tar zxf rubygems-x.x.x.tgz
    cd rubygems-x.x.x
    ruby setup.rb all --prefix=$PREFIX
  8. gemのインストール確認(バージョン番号の表示)。
    gem -v
  9. 各gemファイルをインストール
    gem install <gemファイル名> --local --no-ri --no-rdoc

方針変更

と、ここまでやりかけたが、ruby-1.8.5ではどうにもならなくなって方針を変更。

ruby-2.0.0のインストール

  1. ruby-2.xをダウンロード。
  2. xreaにFTPで送る。
  3. xreaで展開して展開したディレクトリへ移動。
  4. configureの実行
    ./configure -prefix=/virtual/keio --disable-install-doc --disable-install-rdoc --disable-install-capi
  5. makeの実行
    make
  6. サーバの実行時間制限のため途中でkillされるので終わるまで何度でも実行。
    make
  7. linking ruby が出たらmakeは終わり。
  8. インストール
    make install
  9. rehash
    hash -r
  10. テスト
    ruby -v
  11. バージョンが 2.x.xとか表示されればよし

rubygemsのインストール

  1. rubygems-2.x.xをダウンロード
  2. FTPでxreaへ送る。
  3. 展開。
    tar -zxf rubygems-2.x.x.tar.gz
  4. 移動。
    cd rubygems-2.x.x
  5. インストール。
    ruby setup.rb all --prefix=...
  6. テスト
    gem -v
  7. 2.x.xと表示されればOK。

Railsのインストール

  1. 普通に
    gem install rails

(2013-08-11)

Tag: Rails Ruby on Rails xrea gem rubygem

htmlinsert(): The given wiki page must be edit_authed or frozen or whole system must be PKWK_READONLY.