Top > ZakkiCho > Sc05dChangeRecovery
Table of Contents

rootingへの準備としてリカバリを書き換える手順の覚え書き。

参照ページ

ダウンロード

SC-05Dをダウンロードモードにする

  1. 母艦PCにはたぶんSamsungのドライバのインストールが必要(以前にSamsungの機種を接続できていればたぶんインストール不要)。
  2. SC-05Dは母艦PCとのUSB接続から外しておく。
  3. SC-05Dの電源を切る。
  4. voldown + home + powerで起動。バイブレーションしたらpowerを離す。
  5. 警告画面が表示されるので、volupを押す。
  6. ドロイド君とDownloading...の文字が表示される。
  7. PCにUSB接続する。
  8. PCでodin3を起動する。
  9. odin3のウィンドウのID:COMの欄が黄色になればおk。

odin3で焼き焼き

  1. odin3のPDAボタンをクリックし、ダウンロードしたTegrak-Kernel-Build-39-for-SHV-E160S-UE10.recovery.tarを選択する。
  2. 他はデフォルトのまま - Re-Partition: off, Auto Reboot: on, F. Reset Time: on, Flash Lock: off, Phone EFS Clear: off, Phone Bootloader Update: off, PIT/BOOTLOADER/PHONE/CSCの各欄は空欄かつチェックオフ。
  3. Startボタンをクリック。

追記: CWM basedリカバリもまったく同じ手順で焼ける。こっちの方がNandroidバックアップの挙動が標準的なので個人的には好き。

Superuser-3.0.7-efghi-signed.zip を/sdcard にコピーしておく

リカバリを起動しバックアップ

  1. voldown + volup + power でリカバリモードへ。
  2. リカバリから/systemをバックアップ。
  3. リカバリから/dataをバックアップ。

Superuserのインストール

  1. update from zip packageを選ぶ。
  2. /mnt/sdcard上のSuperuser-3.0.7-efghi-signed.zipを選ぶ。
  3. Stock Recoveryに戻る。
  4. リブートする。

(2012-06-15)

htmlinsert(): The given wiki page must be edit_authed or frozen or whole system must be PKWK_READONLY.